猫のよくある病気

猫のよくある病気

猫のよくある病気ネコちゃんの病気にはさまざまな種類があります。「元気がなくなった気がする」「行動がいつもとは違う」などの少しの違和感が病気のサインであることも珍しくないので、気になることがあったら速やかに受診することをおすすめします。早期発見・早期治療で、ネコちゃんの負担を最小限に抑えられます。

鼻と口の病気と症状

症状

頻繫なくしゃみ、鼻水や鼻血、口の中からの出血、歯茎の腫れ、口内炎、よだれが多い

疑われる病気

風邪、気管支炎、結膜炎、肺炎、副鼻腔炎、鼻炎、クリプトコッカス症、歯周病、尿毒症、腎不全、口内炎、エイズなどの感染症

口内炎と歯周病について

ネコちゃんの口内炎は栄養バランスのとれた食事で予防することができます。小さな頃から食生活のバランスを意識することで口内炎ができにくくなります。口内炎は一旦できると完治しにくいので、早めにワクチン接種をするのも有効です。
また、歯周病は食後の歯のお手入れを欠かさず、歯垢が溜まらないようにすることで防げます。また、お口の定期検診は歯周病の早期発見・早期治療につながりますのでぜひ受けるようにしましょう。治療では、口腔内の洗浄や消毒、抗生物質や抗炎症剤、免疫賦活剤などの投与の他、全身麻酔をした上で歯石・歯垢の除去や抜歯を行います。

目の病気と症状

症状

猫

目やにが多い、目を痛そうにしている、目が白く濁る、涙を流していることが多い、目が見えにくそうにしている、目が赤い、目をこすることが多い、やたらと光をまぶしがる、まばたきが多い

疑われる病気

結膜炎、気管支炎、角膜炎、白内障、眼瞼内反症、鼻炎、緑内障、流涙症など

目の症状について

黒目が大きくなっている場合は、腎不全や甲状腺機能亢進症などが原因で全身性の高血圧になっていることが考えられます。
白内障は先天的または後天的に発症します。ペルシャやヒマラヤンなどは先天性白内障にかかりやすい傾向にあるので注意が必要です。後天性の場合、外傷、栄養不良、糖尿病といった代謝性疾患などが原因として挙げられます。初期であれば点眼薬などで治ることがほとんどですが、場合によっては手術が必要になることもあります。

皮膚の病気と症状

症状

皮膚の病気と症状

大量の脱毛、かゆみ、発疹、しこり、腫れ、カサブタ、皮膚や粘膜が黄色くなっている、毛づやが悪い、フケが多い、皮膚が薄くなっている、リンパ節の腫れ

疑われる病気

ツメダニ症、スタッドテイル、アトピー、ノミアレルギー性皮膚炎、疥癬、糖尿病、脂肪肝、肝炎、伝染性腹膜炎、ストレスなど

皮膚の病気について

ツメダニ症は、ノミ・マダニの予防駆除剤や、殺ダニ効果のある薬剤を投与して治療します。多頭飼いの場合は集団感染をしている可能性があるため、すべてのネコちゃんを治療し、飼育環境を清潔にします。伝染症腹膜炎のように完治が難しい場合は、一時的に症状を和らげるインターフェロンなどを用いた内科療法を行い、生活環境を快適にしてなるべくストレスを減らします。他の感染症を防ぐため、定期的なワクチン接種を行いましょう。

消化器系の病気と症状

症状

トイレにいる猫嘔吐、血尿、下痢、便秘、おしっこの量が減るor増える、食欲増進or食欲低下、水をたくさん飲む、肛門をなめる、外陰部からの出血やおりもの、体重減少、お尻のかゆみ

疑われる病気

糖尿病、トキソプラズマ症、すい炎、食道炎、子宮がん、子宮蓄膿症、リンパ腫、横隔膜ヘルニア、尿毒症、毛球症、腎不全、食道拡張症、甲状腺機能亢進症、脂肪肝、肝炎、回虫症など

回虫症について

回虫症の場合は駆虫薬で治療します。下痢などの症状がある時は食事を変えたり、サプリメントを処方します。定期的な便検査や、飼育環境を清潔にすることで予防になります。

呼吸器系の病気と症状

症状

寝ている猫

せきをする、呼吸が荒い

疑われる病気

喘息、心筋症、先天性心疾患、リンパ腫、膿胸、風邪、気管支炎、副鼻腔炎、肺炎、食道拡張症、フィラリア症、横隔膜ヘルニア、熱中症、胃拡張、胃捻転、ヘモバルトネラ症など

呼吸器系の病気について

肺炎になると、呼吸が浅く速くなったり、発熱や食欲不振、せきや鼻水といった症状がみられます。気管支炎から併発することも多く、ひどくなると高熱や呼吸困難を起こして動けなくなることもあります。抗生物質や抗真菌薬を投与して治療します。肺炎の原因となるウイルス感染症はワクチン接種で防ぐことができますので、忘れずに受けましょう。

その他の病気と症状

症状

鳴いている猫

足を引きずっている、歩き方がおかしい、脱水症状、お腹や関節の腫れ、乳腺が張っている、低体温、貧血、発育不良

疑われる病気

糖尿病、すい炎、食道炎、腎不全、巨大結腸症、脂肪肝、胃腸炎、腸閉塞、アミロイドーシス、骨折、脱臼、外耳炎、クリプトコッカス症、中毒など

骨折や外耳炎について

骨折は、患部を固定して安静にすることが第一です。また、歩き方の異常は外耳炎など耳の病気が原因となっていることもあります。細菌や真菌から外耳炎になった場合は、抗生物質や抗真菌薬などを投与します。

TEL:024-555-0366
一番上に戻る
ひまわり動物病院ブログ 求人情報 Facebook